共同印刷グループ「企業行動憲章」

2003.05.28制定

2011.04.01改定

 

共同印刷ならびにグループ会社は、「印刷事業を核に、生活・文化・情報産業として社会に貢献する」ために、以下に掲げる指針に基づき行動する。

1.信頼される企業

  • お客さま、株主、取引先、社員、地域社会等との信頼関係の確立に努め、ともに歩むことを重視する。

2.倫理を大切にする企業

  • 経営者および全社員は、法令を遵守するとともに企業倫理の重要性を認識し、業務を遂行する。

3.安全性に配慮し品質保証と情報管理を徹底する企業

  • 社会のニーズを的確に把握し、クォリティーの高い製品とサービスを、安全性に十分配慮して、開発、提供する。

  • 会社、お客さま、取引先に関連し発生または取得したすべての情報の取扱いにあたっては、徹底した管理を行う。

4.公正で透明性のある企業

  • 公正にして自由な競争理念を良く理解し、市場の健全な進歩、発展に寄与する。

  • 政治、行政との健全かつ正常な関係を保つ。

  • 有用で信頼性のある情報を積極的に開示し、株主をはじめとし広く社会とのコミュニケーションを図る。

5.環境に配慮する企業

  • 環境問題への取り組みは人類共通の課題であり、企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、持続可能な社会の構築に向けて、主体的に行動する。

6.社会貢献活動を行う企業

  • 「良き企業市民」として、積極的に社会および地域貢献活動の実践に努める。

7.人間を尊重する企業

  • 「人を大切にする企業」として、従業員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保する。

8.健全な社会秩序の維持を重視する企業

  • 市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは、一切関係を持たない。

9.海外の文化や慣習を尊重する企業

  • 事業活動のグローバル化に対応し、各国・地域の法律の遵守、人権を含む各種の国際規範の尊重はもとより、海外の文化や慣習を尊重する経営を行う。

10.経営トップの責務

  • 経営トップは、グループ企業を含めた実効ある社内体制の整備を行い、本憲章で掲げた項目の周知徹底を図り、取引先にも理解を求める。

  • 本憲章に反する事態が発生した時は、経営トップ自らが問題解決にあたり、再発防止に努める。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、自らを含めて厳正な処分を行う。

201131日制定

 

共同印刷グループCSR調達基本方針

 

共同印刷グループは、ステークホルダーとの信頼関係の確立に努め、ともに歩むことを重視しています。特に、持続可能な事業活動や業界の発展には、サプライヤーの皆さまのご協力が不可欠と考えています。

このような考え方に基づき、サプライヤーの皆さまとのより一層の信頼関係を構築するため、当グループではCSR調達の目的および基本方針を制定し、諸資材や製品・半製品・サービスなどの調達を行います。

 

(目 的)

1.共同印刷グループが事業活動を推進するにあたり、開発、製品・半製品の製造、

諸資材・サービスの提供を得るなど、当グループの一連の業務プロセスに関与する  すべてのサプライヤーと協力して社会の要請に応えます。

2.CSR調達により、サプライチェーン全体の相互発展をめざします。

 

 

基本方針

 

1. 法令・社会規範を遵守し、公平にして自由な競争理念を取り入れ適正な取り引きを  

行います。

2.取引先に関連し発生または取得した全ての情報の取り扱いにあたっては、徹底した 

管理を行います。

3.社会のニーズを的確に把握し、品質の高い材料や製品・サービスなどを安全性に十分

配慮して調達を行います。

4.持続可能な社会の構築に向けて、適用法規制の遵守、環境保全活動に配慮した調達を

行います。

5.社会常識を逸脱した贈答や接遇の授受を行いません。

 

 

2013131日制定

 

 

共同印刷グループ CSR調達基準

 

共同印刷グループは、サプライヤーの皆さまとCSR(企業の社会的責任)活動に取り組み、   共に持続可能な発展を遂げていきたいと考えています。

そのために遵守いただく基本事項として、以下の「CSR調達基準」を定めます。

 

 

1. 法令・社会規範の遵守

1)事業活動に適用される各種法令・条例・政府通達および社会的規範を遵守する。

2)不適切な利益供与・受領は行わない。

3)反社会的勢力とは、一切の関係を持たない。

4)内部通報を受けた際、通報者が不利益を被らない措置をとる。

 (5)輸出関連法規および事業活動を行う国や地域の法令を遵守する。

 

2. 人権尊重と安全衛生

6)従業員の基本的人権を尊重し、不当な差別は行わない。

7)各種のハラスメントを容認せず、健全に働ける職場環境の実現に努める。

8)労働災害の予防、従業員の安全確保、および労働時間の管理、健康管理に努める。

9)児童労働、強制労働、外国人労働者の不法就労等、不当な労働行為をしない。

 

3. 情報セキュリティ

10)取り引きを通じて得た秘密情報・個人情報等については、不正利用や情報漏洩が生じな

いよう適切に管理する。

11)特許権・著作権・商標権等の知的財産権を侵害しない。

 

 

4. 環境保全と安全

12)事業活動全般において、環境関連法規を遵守するとともに、環境負荷の低減に努める。

13)取り扱う材料や部品については、環境負荷の低い製品を優先的に購入する。

14)関連法規・条例に則り、産業廃棄物を適正に処理する。

15)関連法規・条例に則り、化学物質を適正に管理する。

 

5. 品質の維持と向上・製造物責任・安定供給

16)当グループからの要求水準を満たし、常に品質向上に努める。

17)製品の安全性に関しては、関連法規を理解し、適切な管理を行う。

 (18)市況に即した適正な価格で製品・サービスを提供する。

 (19)指定納期を守り、製品・サービスを安全・安定的に供給する。

 

6.社会貢献

20)社会貢献・地域貢献活動に努める。